60代にはどんな保湿化粧品がおすすめなの?

肌の水分蒸散を防いでくれるもの

60代になると肌の水分量が大きく減少してしまいます。その理由は肌の水分が蒸散してしまうため。ですから、肌の水分蒸散を防いでくれる成分が配合された化粧品を選ぶことが重要となります。まずは角質層をうるおいで満たすこと、そして肌の表面を油溶性分などで覆い水分蒸散を防ぐケアが基本となります。

肌の炎症を抑えてくれるもの

年齢とともに肌のバリア機能は低下するので、肌が炎症を起こしやすくなります。肌が炎症を起こすとラメラ構造が乱れてしまうため、保湿成分が浸透しにくくなるだけでなく、肌に水分をとどめておく力が衰えてしまいます。たとえ、肌の表面に炎症が現れていなくても、肌の内部で微弱な炎症を起こしている場合が多いので、炎症を抑えるケアは必須です。

コラーゲンを増やしてくれるもの

肌のうるおいを実感するためには、肌内部のコラーゲンを増やす必要があります。年齢とともにコラーゲン量は減少していくので、コラーゲンを増やすケアはとても重要です。コラーゲンそのものを浸透させるのも良いですが、できればコラーゲンを生成する成分を浸透させる方がコラーゲンの定着率を高めることができます。

60代向け保湿化粧品人気ランキング

アヤナス
角質層をうるおいで満たしてくれるヒト型ナノセラミドを配合しています。さらに、水分蒸散を防ぐ特許成分「ヴァイタサイクルヴェール」を配合しているので、長時間潤いをキープすることができます。炎症を抑えるコウキエキスとコラーゲンを増やすCVアルギネートも配合しているので、60代の保湿に欠かせない成分が全て揃っているところが魅力です。
水分蒸散防止:◎ 炎症を抑えるケア:◎ コラーゲンを増やすケア:◎
アヤナス
アンプルール
コラーゲンを生み出す細胞を誕生させる植物幹細胞アルガンセルエキスを配合した保湿化粧品。さらに、その細胞を増殖してくれるGF(成長因子)を配合しているので、肌のコラーゲン量を大幅に増やすことができます。シワ対策にとことんこだわりたい方におすすめしたい化粧品です。
水分蒸散防止:○ 炎症を抑えるケア:○ コラーゲンを増やすケア:◎
シワ・たるみ・ゆるみ毛穴対策キット
ビーグレン 
コラーゲンの生成を促進するビタミンCを高濃度で配合した保湿化粧品。特にこだわっているところが浸透力です。医療レベルの最先端浸透テクノロジーを採用することによって、本来コラーゲンがある部分まで、ビタミンCを浸透させることができます。これまで浸透力に満足できなかった方におすすめです。
水分蒸散防止:○ 炎症を抑えるケア:△ コラーゲンを増やすケア:◎
ビーグレン
米肌
角質層のうるおいをキープするのに欠かせないセラミド。それを作り出すライスパワーNo.11を配合した保湿化粧品です。それに加えて、空気中の水分を肌に取り込んでくれるグリコシルトレハロースを配合しているので、肌の水分蒸散を防ぐことができ、保湿された状態をキープすることができます。
水分蒸散防止:◎ 炎症を抑えるケア:○ コラーゲンを増やすケア:△
米肌で理想的な素肌を
ライスフォース
角質層の保湿に徹底的にこだわった保湿化粧品です。ヒアルロン酸よりも優れた保湿力を持つといわれるライスパワーNo.11を配合することによって、角質層がうるおいで満たされた状態をキープすることができます。肌のかさつきを感じる方におすすめしたい化粧品です。
水分蒸散防止:○ 炎症を抑えるケア:△ コラーゲンを増やすケア:△
美容業界で話題の、深層保湿スキンケア。1200万本突破で記録更新中の大ヒット!

60代に一番おすすめしたい保湿化粧品はこちら

60代の保湿には「アヤナス」がおすすめ!
徹底的に水分蒸散を防いでくれる
⇒ ヴァイタサイクルヴェールが肌表面に膜を張ることで、水分蒸散を徹底的に防ぐことができます。また、ヒト型ナノセラミドが角質層をうるおいで満たしてくれるので、水分蒸散しにくい肌へ導いてくれます。
炎症を抑える成分をたっぷりと配合
⇒ 肌内部の微弱な炎症を抑えるコウキエキスと肌表面に起こる炎症を抑える成分ラベンダーエキスを配合しています。これにより肌の内側と外側の両方から炎症にアプローチできるので、ラメラ構造を保護することができ、保湿しやすい肌を保つことができます。
コラーゲンの生成をサポート
⇒ コラーゲンの生成を促進してくれるCVアルギネートを配合しています。これによって、肌のコラーゲン量を増やすことができ、内側からうるおいで満ちあふれた肌へ導いてくれます。

水分蒸散防止・炎症ケア・コラーゲン生成の全てを最高レベルで行えるのは「アヤナス」だけ!